<   2014年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

さくら

e0116702_23111722.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-30 23:11

ふんわりと・・

ロウバイの馥郁たる香りに包まれて

e0116702_1301694.jpg


春の先駆け
e0116702_1332346.jpg


花の少ない冬、雪に思いを乗せて、過ぎゆく冬を
思い起こさせてくれるロウバイです

e0116702_1361027.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-30 13:06

冬の花

ヒマラヤ桜が咲いていた
桜のルーツだという、そう聞けば愛おしいですね
もう終わりがけでしたが・・

e0116702_12332928.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-30 12:33

日が沈む

山のむこうへ

e0116702_2047130.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-28 20:47

新年会

大坂北のど真ん中
ブリーゼブリーゼの中で開かれました
雪国から戻って都市の賑やかさに浸ってきました
e0116702_1425479.jpg


ブリーゼタワー内はシンプルでオシャレで
落ち着いた雰囲気です
e0116702_1427377.jpg


白いソファー・・こんなの買うとすぐ汚れちゃいなすね・・はは
e0116702_14361158.jpg


新年会場は「うおまん」和会席でした
まだお正月気分
e0116702_14291043.jpg


新年会の後喫茶で一服、こんなにグラスがずら~っと
e0116702_14331663.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-27 14:34

飛騨の旅を終えて

北アルプスの山並みを名残惜しく
眺め一路大阪へ
e0116702_2237060.jpg


夕景は列車の中から・・
旅の終わりです。

e0116702_22382979.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-24 22:38

畳敷き

ホテルに2つあるお風呂
最上階にある展望風呂
驚いたことに畳敷き!


e0116702_22271065.jpg



風呂の中です、誰も居なかったのでコンデジで1枚パチリ

e0116702_22285624.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-24 22:32

プチ贅沢

飛騨高山の宿
まだお正月気分が残っていて
誕生日のお祝いがてらちょっと良いお部屋に
ベッドがクイーンサイズ・・はは


e0116702_22113255.jpg


角部屋だったので景色がgoodでした
e0116702_22135023.jpg



ホテルの中
e0116702_22153157.jpg


高山祭りの屋台の飾り付けもきらびやかです
e0116702_22172631.jpg


e0116702_22215975.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-24 22:22

飛騨の里

e0116702_203174.jpg


園内の池は氷が張り雪が水面を覆っていました

e0116702_20323793.jpg

花も枯れ寒空に一輪の実だけが・・・


e0116702_20345454.jpg


茅葺きの民家も雪の中

e0116702_20353998.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-22 20:35

座禅とは

覚悟だそうな。
私は昔から何か事あるごとに心の中で決めたことが有ります
それは「只今臨終」の気持ちで生きることだったなぁ
今でも迷ったら「只今臨終」の心意気で強く生きようと思っている
柳のようにしなやかに折れない強さ

何が起きても立ち直る心構え、難しいことはわからないけれど
自分が感じたままに進むしかありません、いつも只今臨終だと
思えば超えられます、本当の臨終がくるまで
人生に感謝していろんなことが出来ます

何も怖くない、喜びも悲しみも楽しみも
わずかの時間さえも大切に生きたい

以前若い頃、どうしても理解できなかった言葉があった
「生老病死」です、生は産まれて生きる、老は年老いる
次の病が解らなかった
人は産まれて生きて年老いて死に至る
これは何人にも避けられない生きるということ

なぜ「老の」後に「病」が入っているのか、そんな言葉って必要無いのでは
と思っていた
今思えば理解できる、70年間はあまり病と向き合うこともなく
その他のいろんな出来事のほうが大切だった

それが老いることによって多くの病が生じ避けて通ることは出来ない
長年使用し続けた身体に、あちこちとひずみが出る
これが老いと同時にやってくるんですね
最近になってやっと実感できました

これも避けられないこと
病を抱えつつどう生きるか
恋をしよう!趣味を楽しもう!、やりたいことに遠慮はしないでおこう
高齢という名のもとに許された大切な時間
只今臨終まで世の中に感謝し大いに生きることなのね

e0116702_14202818.jpg


高山の古い町並みを歩いていると
何故か懐かしい場所のような気がしました
e0116702_1422877.jpg



こんなところだったのね
e0116702_14224862.jpg


店内は禁煙、しかたなく外へ出て一服、コーヒーは美味しかった。
e0116702_1424286.jpg


商い中も楽しい!
e0116702_14273710.jpg

[PR]
by tabihart | 2014-01-22 14:32