<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

春風に乗って

先人は三寒四温とはよく言ったものですね
汗ばむような暖かい日もあれば風が冷たく刺す肌も震えるような日もあって
春風はいつのまにか小さな野の花にもトントンと春の訪れのノックをしています

e0116702_13302182.jpg










カンヒザクラの真っ赤な花が燃えるよう
ハルジオンが風に揺られてそこかしこ可愛いはなびらを見せ
マンサクは紅花もシナマンサクも同時にさき
紙細工のような花をヒラヒラとさせています


e0116702_13312369.jpg





コブシも蕾から白い顔をのぞかせ
青空に向かってのびのびと
その横には次の出番はシデコブシですといいたげに
小さな小さな蕾がびっしりと

花の香りに誘われてからのバギーを押したヤングママ
走り回る幼児、休憩のベンチには本を広げて読み込む団塊世代の男性



e0116702_13322023.jpg







春の昼下がり春風は幸せなひと時を運んでくれました
[PR]
by tabihart | 2007-02-27 13:33

ミモザに思う

アカシアの花が咲く頃
e0116702_131584.jpg



今年もミモザの花が咲き始めました
この花が咲き始めると懐かしく過ぎし頃を思い出します

e0116702_13142136.jpg
[PR]
by tabihart | 2007-02-22 13:18

恩人


e0116702_17422375.jpg















わずか・・・半年の間に一眼レフの撮影のノウハウを全部教えてくれた人、凄い!教えを請わなくなって一人歩きした私はネットで情報を見ることになったのですが、夜景の撮り方から花火の撮り方
一番ベストな設定の仕方全部1つとして誤りが無く
教え方の適切さも驚くばかりです
花の撮り方、風景の撮り方も勿論でした
機材も必要なレンズもアクセサリーも・・・
信じられないくらいの量と質の高いアドバイスを受けていたんだ
覚えの悪い私がどれだけはがゆかったか・・・よく叱られました(笑)
理解できない事で毎夜眠れない日が続き、夢にまで一眼の使用の仕方が出てきました。泣きたい日が何日も続きました。
それから2年、まだ良くわからない所もありますが
なんとか中級の理解までは出来るようになりました

夜景撮影comこのサイトで自分のレベルをある程度理解できました
それにつけても教えてくれた人に感謝!
すごいなぁ・・・今になって唖然としています
私の写真がまだまだなのは年数と感性と感動の度合いかもしれない
もっともっと経験を積まないと申し訳ないと思うこの頃です。
これからの課題は目線と切り取りと出来るだけ自然のままに撮った画像がレタッチなしで納得のいく画像に仕上がるか・・・
1枚の写真で表現するのは凄くムツカシイ
広角を使ったり魚眼を使ったりするわけではないので
これからの課題は自然と対話のある写真が撮れるかどうかです。
[PR]
by tabihart | 2007-02-17 17:42

何時の頃からか

花と話をするようになった

哀しいとき嬉しい時たいがいは可愛い野の花を見つけたときが多い

気侭にぶらりと散歩して遠くに白い点をみつけると

なんだろう?といぶかしく思う・・・その次にきっと何かの花だって直感する

急ぎ足に近寄って・・・そっと覗いてみる

e0116702_1742789.jpg





ハコベ!♪春の七草!こんなに小さいのに美しい花、今年も顔を出しました





















e0116702_1762911.jpg
















この珍しい花はナギイカダ!滅多に見れない珍しい花
[PR]
by tabihart | 2007-02-14 17:07

淡谷のり子

今日は雨
そういえばこんな名前の歌手がいました

顔の割りに細い震えるような声
雨の歌を歌うと思わず聞き入ってしまう
心に響く歌声となんとなくけだるさが漂って

雨の日にぴったりの歌だった。e0116702_1652236.jpg
















万作の花が綺麗!
紅花やトキワマンサクなどいろんなマンサクが不思議な花びらを
みせている
e0116702_1656088.jpg


やっぱり花の追っかけは楽しい。
[PR]
by tabihart | 2007-02-14 16:56

ひとり言・・・

愛と結婚の定義
またなんと堅苦しい題かと我ながら可笑しい。
誰が個人の愛を結婚を語れるでしょうか

愛の姿も結婚の形態も千差万別。ここに一人の女が
愛を求めて人生を過ごした物語。

一度はこの課題を書かなければとずっと思い続けてきました。
世界の人類の愛を訴える人も居ます宗教的思想から愛を説くのもあります。言葉でアイアイっていうのはいとも簡単

だけど現実問題では結婚にいたるまでの恋愛、結婚後の
夫婦の愛。子供への愛、さまざまな愛がひしめいて
それを引き金に悲惨な事件もおきます。

人を愛するという事は心が幸せになります
私は人を心底愛したのは母と子供だけかもしれない
それほどに結婚生活は悲惨なもので愛などとは遠く離れた
存在だった。

それでも長い間の人生、恋もしました愛した人もいました
過去の思い出のなかの大切な月日です

夫婦も最初は他人、一夫一婦制の法の中、冷めた愛を夫婦という
呼び名で神聖化しているとは思いませんか

出会いが間違っていても心底、愛した時間は本物の愛
いつかは冷める愛でも真剣な愛は美しいもの
e0116702_23544250.jpg

[PR]
by tabihart | 2007-02-09 23:54

新雪に

足跡も無く無限に広がる雪の山
e0116702_194316.jpg





e0116702_1952730.jpg

[PR]
by tabihart | 2007-02-05 19:05

いがぐり

雪に埋もれてしまいそうななかに
いがぐりの実が残存しています
e0116702_18595081.jpg





e0116702_1902520.jpg


うさぎのねぐらかもしれません。
[PR]
by tabihart | 2007-02-05 19:00

ハチ北高原

e0116702_18524047.jpg




e0116702_18533281.jpg


スキー場には雪があった!♪白樺の木々も雪を歓迎しているようでした


e0116702_1854846.jpg

[PR]
by tabihart | 2007-02-05 18:55

冬景色

暖かい風に誘われて蝋梅の花も咲き始め
何時もの年よりも香りが素晴らしく
その馥郁たる香りに包まれています
e0116702_1082124.jpg




e0116702_1091777.jpg

[PR]
by tabihart | 2007-02-03 10:09